ケータイのスケジュールを分析して最適な情報を自動配信〜NTTドコモの“行動支援型レコメンド”システム | RBB TODAY

ケータイのスケジュールを分析して最適な情報を自動配信〜NTTドコモの“行動支援型レコメンド”システム

ブロードバンド その他

システム構成図
  • システム構成図
  • レコメンドの流れ(例)
 NTTドコモは28日に、携帯電話のスケジュールに登録されている予定を利用することで、利用者の行動を推定し、その行動に即した情報を自動的に配信する、「行動支援型レコメンドシステム」を開発したと発表した。

 このシステムでは、携帯電話に入力されたスケジュール情報(時間、位置など)をもとに、ユーザターゲティングにより利用者の趣味・嗜好を抽出し、行動を推定、コンテンツを選択、タイミングを制御して情報を表示するという構成になっている。これらの情報はDB化されて「行動支援型レコメンドサーバ」に蓄積されており、利用者の属性に加え、興味(嗜好)、行動(予定)の推定を行うことにより、利用者の生活全般に関わる情報サポートが可能となる。

 推定の技術はドコモが独自で開発したもので、利用者の嗜好や「いつ、どのような行動をとったか」という過去の情報を分析することで、適切なコンテンツを適切なタイミングで配信することが可能になる。

 たとえば、旅行の日程と場所をスケジュールに登録することで、「宿の予約」「スーツケースの購入」といった行動が推定され、関連情報(旅行先のホテルなど)が配信される。

 なお本システムは、10月2日〜6日に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2007」のドコモブース内にて展示される予定だ
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top