東芝、フルHD対応のHDD内蔵デジタルビデオカメラなど4モデル | RBB TODAY

東芝、フルHD対応のHDD内蔵デジタルビデオカメラなど4モデル

IT・デジタル デジカメ

GSC-A100F
  • GSC-A100F
  • GSC-K80H
 東芝は25日、フルHD対応のHDD内蔵デジタルビデオカメラ「GSC-A100F」「GSC-A40F」と、ハイビジョン画質撮影可能な「GSC-K80H」「GSC-K40H」を発表。10月下旬より順次発売。価格はオープン。

 GSC-A100FとGSC-A40Fは、フルHD画質撮影に対応し、放送用テレビカメラ分野で実績のあるフジノン社製の広角35.9mmレンズを搭載したデジタルビデオカメラ。

 GSC-A100Fは100GBのHDD内蔵。最高画質モードで12時間、標準画質モードで23時間20分の撮影が可能だ。本体サイズは、幅78.1×高さ79.0×奥行き135.4mmで、HDD内蔵フルHDビデオカメラとしては、コンパクトかボディを実現している。予想実売価格は188,000円。11月中旬発売。

 GSC-A40Fは、本体が485gの軽量ボディで人間工学に基づいたデザインを採用し、長時間での撮影も疲れにくく、持ちやすい形状になっている。最高画質モードで4時間40分、最長9時間20分の撮影が可能。予想実売価格は158,000円。11月中旬発売。

 GSC-K80HとGSC-K40Hは、1,280×720ピクセルのハイビジョン画質の撮影に対応したデジタルビデオカメラ。プログレッシブ方式を採用しているので、ちらつきの少ない画質で撮影ができるという。

 GSC-K80Hは80GBのHDD内蔵。最高画質モード)で11時間30分、標準画質モードで19時間10分の撮影ができる。予想実売価格は128,000円。10月下旬発売。

 GSC-K40Hは40GBのHDD内蔵。最高画質モードで5時間40分、最長9時間30分の撮影ができる。予想実売価格は108,000円。10月下旬発売。
《》

関連ニュース

特集

page top