ケンウッド、容量60GBのデジタルHDDオーディオプレーヤー——音質向上を図りAACにも対応 | RBB TODAY

ケンウッド、容量60GBのデジタルHDDオーディオプレーヤー——音質向上を図りAACにも対応

IT・デジタル その他

HD60GD9
  • HD60GD9
 ケンウッドは14日、デジタルオーディオプレーヤー「Media Keg」の新モデルとして、容量60GBのHDDを内蔵する「HD60GD9」を発表。価格はオープンで、予想実売価格は55,000円前後。10月上旬発売。

 同製品は、60GBのHDDを内蔵するデジタルHDDオーディオプレーヤー。昨年発売した「HD30GB9」の後継モデルで、HDD容量を増加させたほか、デジタルアンプ「Clear Digital Amp EX」を進化させている。プリ段とパワー段を独立させ、より鮮明な音楽再生を実現。また、従来モデルを上回る低歪化と高出力化に成功した。

 帯域補間技術「Supreme EX」を搭載。従来では補間できなかった44.1kHzの音域に対応し、圧縮時に失われた音域成分を補間する。また、非磁性ステンレス合金シャーシに「fホール」形状を施すことにより、グランドラインの強化と振動の抑制を実現。ポリカーボネイトと特殊ゲルによるハイブリッド・マウント方式でHDDをしっかり固定することで、さらに振動を軽減している。

 音楽ファイルはMP3/WMA(DRM)/WAVのほか、AACにも対応する。さらに同社独自の可逆圧縮方式「Kenwood Lossless」にも対応。音楽データの音質を損なうことなく、約60%のサイズに圧縮して保存する。

 ヘッドホン出力は10mW×2。ディスプレイは2.2型TFTカラー液晶。インターフェースはUSB2.0/1.1に対応。バッテリーは内蔵リチウムイオン充電池で、連続再生時間は最大20時間。本体サイズは幅61×高さ104×奥行き17mmで、重さは140g。
《》

関連ニュース

特集

page top