セカンドライフにRSS情報のインターフェイス——3Di、オープンする4つのポータル島の新機能 | RBB TODAY

セカンドライフにRSS情報のインターフェイス——3Di、オープンする4つのポータル島の新機能

ブロードバンド その他

 3Diは12日、米・Linden Labが運営する仮想世界「Second Life」内において、「セカンドタイムズ島」、「イベント島」、「3Di島」、および「ngi group島」をオープンした。

 これらの4つの島は、現在同社が建築中の15の島から構成される「3Diポータルランド」の中心となるもの。セカンドタイムズ島は3DiのWeb版ポータルサイト「THE SECOND TIMES」の3Di版ポータルサイト島で、イベント島は各種イベントが開催される場所、3Di島は3Diの技術を研究する実験島、ngi group島はビジネスにかかわるカンファレンスや会議を行う島だ。これらの島では、成人コンテンツやギャンブルコンテンツの参入がシャットアウトされ、イメージを保持しながら企業がSecond Lifeに参入できるよう企業誘致を行うとしている。

 また、RSS情報をSecond Life内に発信する機能も用意されている。今回は、Web版ポータルサイト「THE SECOND TIMES」からのRSS情報をSecond Life内で配信するほか、ngi groupのグループ会社である富士山マガジンサービスが配信する雑誌RSS情報をビルボードタワー型の配信ロボットに表示する。両社は、これらの広告枠とロボット本体を販売する計画を立てている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top