オリンパス、光学18倍ズームのコンパクトデジタルカメラ——広角27mmから | RBB TODAY

オリンパス、光学18倍ズームのコンパクトデジタルカメラ——広角27mmから

IT・デジタル デジカメ

CAMEDIA SP-560UZ
  • CAMEDIA SP-560UZ
  • 背面部
 オリンパスイメージングは11日、光学18倍ズームのコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA SP-560UZ」を発表。9月21日発売。価格はオープンで、予想実売価格は55,000円前後。

 同製品は広角27mm〜486mmまでの光学ズームレンズを搭載するコンパクトデジタルカメラ。同ズームレンズ一本で離れた被写体のアップや、景色のワイド撮影もできる。また、マクロモードで被写体に1cmまで接近し、花などのアップ写真も撮影可能だ。

 顔検出機能「フェイス&バックコントロール」を装備し、人物の顔や背景の露出補正を自動的に行うことで、逆光時などの難しいシーンでも適正な明るさの写真が撮影できるという。

 デジタルカメラで世界最速クラスとなる秒間15枚の高速連写が可能。さらに、シャッターボタンを半押している状態で、被写体の10コマ分の画像を記録できる「プリキャプチャー機能」を搭載している。

 有効画素数は800万画素。撮像素子は1/2.35型CCD。レンズはEDレンズ2枚/非球面レンズ4枚の11群14枚構成。開放F値はF2.8〜4.5。記録メディアはxD-ピクチャーカードで、47MBのメモリも内蔵する。バッテリーはリチウムイオン充電池で、最大約380枚の撮影が可能。本体サイズは幅116×高さ78.5×奥行き78mm。重さは365g。
《》

関連ニュース

特集

page top