シャープ、「AQUOS D」シリーズにフルHD倍速駆動パネル搭載の42V型など3モデル | RBB TODAY

シャープ、「AQUOS D」シリーズにフルHD倍速駆動パネル搭載の42V型など3モデル

IT・デジタル テレビ

AQUOS Dシリーズ(42V型/37V型/32V型)
  • AQUOS Dシリーズ(42V型/37V型/32V型)
  • LC-42DS3(ブラック)
  • LC-37DS3(ホワイト)
  • LC-32DS3(レッド)
 シャープは10日、同社製液晶テレビ「AQUOS D」シリーズの新ラインアップとして、42V型/37V型/32V型の3モデル発表した。いずれも10月10日発売で、価格はオープン。予想実売価格は42V型「LC-42DS3」が370,000円、37V型「LC-37DS3」が300,000円、32V型「LC-32DS3」が260,000円。

 AQUOS Dシリーズは、リビングなどに置かれる大画面テレビに次ぐ、寝室や個室などの2台目のテレビとしての使用を想定して発売されたシリーズ。同シリーズはこれまで20V型から32V型というラインアップだったが、同社によると「2台目テレビ」にも大型化のニーズが高まっていたことから、今回、大画面モデルを追加。カラーバリエーションは従来モデル同様、ブラック/ホワイト/レッドの3色を用意する。

 今回発表された3モデルはいずれも、解像度1,920×1,080ピクセル対応の「倍速ASV液晶パネル」を採用し、通常1秒間に60枚の映像で構成される動画映像に対して、2倍の120枚の映像で表示する倍速(120Hz)駆動を行うという「倍速フルHD液晶技術」を搭載することで残像感を低減を図ったモデル。バックライトには青・緑・赤の3つの波長に「深紅」を加えた「4波長バックライト」を採用したほか、1ドットを2つのセルに分割してセル単位で階調表現をコントロールする「マルチ画素技術」を採用したことで、人の肌など中間色を色調変化や白浮きがなく再現できるという。コントラスト比は2000:1、リビングコントラストは900:1とした。そのほかの液晶パネルのスペックは、輝度450cd/m2、視野角上下/左右ともに176度。

 そのほか、3モデル共通の仕様として、チューナーは地上/BS/110度CSデジタルおよび地上アナログチューナーを搭載。入力端子はHDMI入力×3のほかD5、DVI-I、i.LINKなどを装備し、HDMI接続によりハイビジョンレコーダーやBlu-rayなどと連携して操作できる「AQUOSファミリンク」に対応する。スピーカーは「1ビットデジタルアンプ」を採用するアンダースピーカーを搭載し、最大出力を20Wとした。

 スタンドを含む本体サイズは、LC-42DS3が幅102×高さ73.4×奥行き31.4cmで、重さは27.5kg。LC-37DS3は幅91.3×高さ67.2×奥行き29.7cmで、重さは21.5kg。LC-32DS3は幅78.6×高さ60.6×奥行き29.7cmで、重さは18.5kg。
《》

関連ニュース

特集

page top