ソニー、円筒形のテレビ接続型PC「TP1」の2007年秋冬モデル | RBB TODAY

ソニー、円筒形のテレビ接続型PC「TP1」の2007年秋冬モデル

IT・デジタル ノートPC

VGX-TP1DTV
  • VGX-TP1DTV
  • VGX-TP1V
 ソニーは3日、円筒形のテレビ接続型PC「テレビサイドPC TP1」の新製品として、ハードウェア性能を強化させたモデル「VGX-TP1DTV」および「VGX-TP1V」の2モデルを発表した。いずれも価格はオープンで、9月22日発売。

 今回発表された2モデルはいずれも、家庭用テレビと接続することを想定したデスクトップPC。従来機と同じく白い円筒形の筐体を採用する。VGX-TP1DTVは本体に地上アナログチューナーを内蔵するほか、本体と同デザインの地上/BS/110度CSデジタルチューナー「VGF-DT1」をセットにしたモデルで、VGX-TP1Vはアナログチューナーのみを内蔵する。従来機からの改良点として、VGX-TP1DTVはCPUがCore 2 Duo T5600(1.83GHz)に変更されたほか、HDD容量を500GBに強化している。VGX-TP1VはCPUに変更はなく、Core 2 Duo T5500(1.66GHz)を採用。HDD容量は160GBから250GBへと増加させている。

 2モデル共通の仕様として、OSはWindows Vista Home Premiumを採用。チップセットはIntel 945GM Express(GPU内蔵)、メモリは1GB、IEEE 802.11g/b準拠の無線LAN、2層書き込み対応DVDスーパーマルチドライブを搭載する。また、同社製液晶テレビ「BRAVIA」のJ5000/J3000シリーズとHDMI接続することで、TP1Vのリモコンを利用してTV/OSの起動や、ランチャーソフト「VAIOランチャー」の起動などが行える「ワンタッチプレイ」機能を搭載する。

 そのほかの仕様として、インターフェースはUSB2.0×4/IEEE1394(4ピン)/Ethernet/ミニD-sub 15ピン×1/DVI-D×1や、メモリースティック(PRO)/メモリースティックデュオ(PROデュオ)対応スロット、SDカード/MMC対応スロットなどを装備。そのほか、キーボードにFeliCaポートを搭載する。本体サイズはVGX-TP1Vが直径270×高さ91mmで、重さは3.7kg。VGF-DT1は直径270×高さ51mmで、重さは1.7kg。予想実売価格はVGX-TP1DTVが200,000円、VGX-TP1Vは130,000円。なお、CPUやHDD容量、光学ドライブなどが選択できるVAIOオーナーメードモデル「VGX-TP1VS」も用意される。最小構成価格は99,800円で、9月8日発売。
《》

関連ニュース

特集

page top