ビクター、液晶テレビ「EXE」シリーズに倍速液晶ドライバー搭載の2モデルを追加 | RBB TODAY

ビクター、液晶テレビ「EXE」シリーズに倍速液晶ドライバー搭載の2モデルを追加

IT・デジタル テレビ

LT-37LC205
  • LT-37LC205
  • LT-32LC205
 日本ビクターは30日、液晶テレビ「EXE」シリーズに倍速液晶ドライバーを搭載した37V型「LT-37LC205」と32V型「LT-32LC205」の2モデルを追加すると発表。9月中旬より順次発売。価格はオープン。

 LT-37LC205とLT-32LC205は、地上/BS/110度CSデジタルチューナー内蔵のハイビジョン液晶テレビ。倍速液晶ドライバーとCPU搭載映像処理専用LSI「GENESSA」を搭載したことで、通常の2倍の1秒当たり120コマで1,280×768ピクセル(WXGA)のハイビジョン映像を再生、残像感を軽減した。

 映像シーンの輝度情報を細かく分析して「バックライト制御」を行う機能を装備。暗部の深い黒を引き締めながら、最適なコントラストの映像を再現できる。

 音響面では、プロ用オーディオ技術をもとに考案された「MaxxAudio」を採用。また、独自の「オブリコーンスピーカー」を搭載するなど、重低音から高音までのトータルな音質の向上を実現した。

 そのほか、視聴環境に応じて音と映像をワンボタンで設定できる「明/暗ボタン」や、操作方法や機能の内容がテレビ画面で確認できる「お助けガイド」を搭載する。

 2モデルのおもな仕様は以下の通り。

●LT-37LC205
 パネル:37V型HD
 解像度:1,366×768ピクセル
 輝度:500cd/m2
 インターフェース:HDMI×3/D4/コンポーネント/Ethernetなど
 本体サイズ:幅91.9×高さ65.2×奥行き31.2cm(スタンド含む)
 重さ:22.9kg
 発売日:10月中旬
 予想実売価格:26万円

●LT-32LC205
 パネル:32V型HD
 解像度:1,366×768ピクセル
 輝度:500cd/m2
 インターフェース:HDMI×3/D4/コンポーネント/Ethernetなど
 本体サイズ:幅80×高さ59.2×奥行き24.4cm(スタンド含む)
 重さ:16.7kg
 発売日:9月中旬
 予想実売価格:20万円
《》

関連ニュース

特集

page top