iモードの大量送信メールの受信制限が緩和、上限1日200通から1日500通に〜受信条件の変更も | RBB TODAY

iモードの大量送信メールの受信制限が緩和、上限1日200通から1日500通に〜受信条件の変更も

ブロードバンド その他

iモードメールの大量送信者からのメール受信制限の条件変更について
  • iモードメールの大量送信者からのメール受信制限の条件変更について
  • iモードセンタにおけるメール受信条件の変更について
 NTTドコモグループ9社(以下ドコモ)は11月20日より、iモードメールの大量送信者からのメール受信制限の条件を、1日200通から1日500通に変更する。

 ドコモでは、iモード迷惑メール対策として2004年から「iモードメール大量送信者(1日200通)からのメール受信制限」を提供してきたが、ユーザのiモードメール送信機会が増加し、また、URL付きメール拒否機能の提供などにより迷惑メール対策機能も充実してきたことから、今回の変更に踏み切った。受信側のユーザが設定することで、1日に1台のiモード端末から送信される500通目以降のメールを拒否することが可能となる。本機能の初期設定は「拒否する」となっており、すでに設定している場合は自動的に変更となる。

 また、迷惑メール対策の一環としてiモードセンタのシステム変更を行い、同じく11月20日より、パソコンなどから送信されるメールの送信元アドレスに、ひらがななどの2バイト文字が含まれるなどの場合に、iモードセンタにおいて受信ができなくなる。

■受信できなくなるメールの送信元アドレスの条件
1. ドメインの最初の文字がアルファベットや数字、一定の記号(!、#、$、%など)以外
2. アカウント部分(@より前)およびドメイン部分(@より後ろ)に2バイト(ひらがななど)または半角カナの文字が含まれる
3. アカウント部分で65バイト、またはメールアドレス全体で256バイト以上
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top