セキュアデザイン、三洋半導体などと次世代ICカードによる指紋認証において業務提携 | RBB TODAY

セキュアデザイン、三洋半導体などと次世代ICカードによる指紋認証において業務提携

エンタープライズ その他

 セキュアデザインは22日、三洋半導体、および台湾・ORIENTAL SYSTEM Technologyと次世代ICカードによる指紋認証において業務提携を行った。

 今回の提携により、3社は外部の装置を介することなくICカード上で指紋の読み取りから照合までを完結させるオーセンティケイトオンカード(AOC)技術を搭載した指紋センサ付きICカードの製品化を目指すこととなる。AOC技術では、従来の外部機器による認証を行うマッチオンカード(MOC)方式と比較して、ユーザーは個人の指紋情報を行政や企業など外部に預けることなく認証が可能となるため、指紋情報の流出などを危惧することなく利用できるのが特徴だ。

 製品化にあたっては、ISO/IEC7816規約に準拠して0.8mm厚内にAOCに必要なすべてのICを実装し、曲げ強度、摩耗、ひっかき強度を保障しなければならないほか、1日平均10回以下の使用条件下で3年間の耐久性を保障しなければならない。また、カード製造コストも適当である必要がある。

 3社は検討の結果、この条件はクリアできるとの結論に達し、セキュアデザインが指紋認証のノウハウ提供、およびAOCに必要なアルゴリズムの開発、ORIENTAL SYSTEM TechnologyがAOCに必要な指紋センサの設計、三洋半導体がパッケージングまでを含めたICセンサの試作と製造をそれぞれ担当し、2008年12月の製品化を目指すとしている。
《富永ジュン》

特集

page top