WS 2008(β)、CE 6、SaaS環境にも対応——InstallShield 2008 Express日本語版発売開始 | RBB TODAY

WS 2008(β)、CE 6、SaaS環境にも対応——InstallShield 2008 Express日本語版発売開始

ブロードバンド その他

ダイアログのテーマ画面を設定する
  • ダイアログのテーマ画面を設定する
  • InstallShield 2008 Expressの起動画面
 ネットワールドは8月22日より、Windows用インストーラ開発ツールの最新版「InstallShield 2008 Windows日本語版」に、新しくエントリーモデルとして 「InstallShield 2008 Express Windows日本語版」(以下 InstallShield 2008 Express)を追加、販売を開始した。出荷開始は9月3日を予定している。

 今回発売されたInstallShield 2008 Expressは、最新版InstallShield 2008のエントリーモデルとして、スクリプトを使用せず、チェックリストに従って作業することで、ベーシックなインストレーションを短時間で作成することができる。対応OSとしてWindows Vistaに加え、Windows Server 2008がインストール先OSとして指定可能で、機能およびコンポーネントに、Windows Server 2008関連の条件をビルドすることができる。

 また「.Net Framework 3.0」「IIS 7.0」「Windows Embedded CE 6.x」などもサポート。SaaS(Software as a Service)に対応したWebアプリケーションのインストール環境、Windows CEプラットフォームのモバイルデバイス用インストーラを開発・作成できるようになっている。

 ネットワールドは、InstallShield 2008 Expressを同社のオンラインショップ、および販売パートナー経由で販売する予定。価格はオープンプライスで、オンラインショップ価格は製品版95,550円/アップグレード版42,525円。また、サブスクリプションと10インシデントのサポートをセットにした「InstallShield 2008 Express日本語版 メンテナンスパック」も提供し、価格は製品版187,950円/アップグレード版138,600円の予定。

 InstallShield 2008は、米Macrovision社の製品で、今回発売するエントリーモデルの他に、スタンダードモデルである「InstallShield 2008 Professional Edition」(321,825円)、および、マルチ言語対応機能を備えた上位モデル「InstallShield2008 Premier Edition」(643,650円)がある。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top