モバイル放送、法人向け「緊急地震速報サービス」を来春開始 | RBB TODAY

モバイル放送、法人向け「緊急地震速報サービス」を来春開始

エンタープライズ モバイルBIZ

Sバンド防災放送 システム利用イメージ
  • Sバンド防災放送 システム利用イメージ
 モバイル放送は8月6日に、法人向けの緊急地震速報サービス「Sバンド防災放送」を来年3月より開始すると発表した。

 「Sバンド防災放送」は、Sバンド波(2.6GHz帯)の特性を活かし、緊急地震速報を配信するサービス。モバイル放送の持つデジタル放送技術として、専用衛星で日本全国をカバーし、県域をまたがる広域に同報での配信が可能。またパラボラアンテナは不要で、設置作業が簡易かつ小型で移設が容易な受信機といった特徴を持つ。屋内と移動体の両方での使用が可能、悪天候でも影響を受けにくい、輻輳の問題が発生しないなど、耐震災性に優れているといった利点も多いとのこと。

 大災害時には映像、音声、データ放送などの他のメディアで情報を取得することも可能で、上記のような特徴で、通信系や他の放送メディア(衛星系、地上系)との差別化ができるとしている。また、モバイル放送サービス「モバHO!」に別途加入すれば、非常時にはリアルタイムのニュース番組で地震による被害状況を確認できる。

 なお、受信機自体の持ち運びは可能だが、サービス開始時は受信の確実性を確保するため、据置型の受信機でのサービスを想定しているとのこと。サービス対象としては、企業(工場内、オフィス、駅構内など)、商業施設、建設現場事務所、学校、病院およびプラント設備やエレベータの制御などの法人向けを予定している。

 試験放送を2007年10月1日に開始し、本放送は2008年3月1日を予定している。利用料金については未定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top