さくらインターネット、携帯メールサービス「mym.sg」をリニューアル——キャリアを変えても同じアドレス、POP対応 | RBB TODAY

さくらインターネット、携帯メールサービス「mym.sg」をリニューアル——キャリアを変えても同じアドレス、POP対応

 さくらインターネットとネプロアイティは8月3日に、携帯メールサービス「mym.sg」(マイメッセージ)をリニューアルした。

エンタープライズ モバイルBIZ
ケータイ側のアプリやWebメールの画面例
  • ケータイ側のアプリやWebメールの画面例
  • デコメテンプレートの例
 さくらインターネットとネプロアイティは8月3日に、携帯メールサービス「mym.sg」(マイメッセージ)をリニューアルした。

 「mym.sg」は、携帯メールアドレスをポータビリティ化するサービスとして、2006年8月からサービスを開始。基本的なメール機能に加え、写真の保存や共有ができるアルバム機能などが、さくらレンタルサーバユーザに、独自ドメイン「mym.sg」で利用できる携帯メールアドレスとして提供されてきた。

 今回POPへ対応したことより、各種メールクライアントでもmym.sgのメール管理ができ、携帯電話、パソコン以外の機器でもmym.sgが利用可能となった。

 また、携帯アプリおよびWebメールのインターフェイスを刷新し、見やすさ使いやすさに加えて、操作画面のレスポンスを大幅に向上した。そのほかには、PCのアドレス帳データのインポート機能が追加され、提供デコメールテンプレートも23種類から約100種類へと大幅に増量された。

 なお有料サービスとして、携帯アプリの設定メニューからメールアドレスとPOPサーバの情報を追加することにより、mym.sg以外のメールアドレスも、携帯アプリで利用できるようになった。

 類似のサービスとして、auがGmail対応を表明しているが、mym.sgはキャリアに依存せず、独自ドメインのアドレスもそのまま携帯対応にできることが特徴となる。

 キャリアを問わず携帯を頻繁に乗り換えるユーザーにとって便利な機能だが、独自ドメインのメールアドレスで仕事をしているSOHO系ユーザーも使いでがありそうだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top