2007年7月はMal/IframeとMal/ObfJSが引き続き流行〜ソフォス調査 | RBB TODAY

2007年7月はMal/IframeとMal/ObfJSが引き続き流行〜ソフォス調査

エンタープライズ その他

トップ10ウイルス グラフ
  • トップ10ウイルス グラフ
 ソフォスは2日、2007年7月のウイルス報告数をまとめた「Webウイルストップ10」、および「メールウイルストップ10」を発表した。

 Webウイルスについては、Mal/Iframeが7月に同社が検知したWebウイルスの56%を占めている。6月の64.0%から低下している要因としてはMal/ObfJSの増加が挙げられ、5月の1.8%から7月には17.3%と継続的に増加の傾向を見せている。これらのWebウイルスが蔓延する理由は、十分なセキュリティ対策が講じられないまま運用されているWebサイトが多いことにくわえ、サイバー犯罪者がダウンロードを促していることとWebサイト中に埋め込まれた不適切なJavascriptが挙げられる。

 2007年7月のWebウイルストップ10は以下の通り。


1.  Mal/Iframe               56.0%
2.  Mal/ObfJS                17.3%
3.  Troj/Psyme               10.4%
4.  Troj/Decdec               3.5%
5.  Troj/Fujif                1.9%
6.  Mal/Zlob                  1.1%
7.  VBS/Edibara               0.9%
8.  Mal/Packer                0.8%
9.  Mal/Behav                 0.4%
10.  VBS/Redlof               0.4%

その他                        7.3%


 2007年7月のマルウェアに感染したWebサイトをホスティングしている国別のランキングは以下の通り。


1.  中国(香港を含む)            49.8%
2.  アメリカ                      21.8%
3.  ロシア                        14.7%
4.  ウクライナ                     3.2%
5.  ドイツ                         1.2%
6.  ブラジル                       1.0%
7.  イギリス                       0.8%
8.  台湾                           0.8%
9.  カナダ                         0.6%
10.  ポーランド                    0.6%

その他                             5.5%


 トップは前月に引き続き中国で、ロシアはMal/IframeとMal/ObfJSの大規模感染が発生した結果、6月の3.5%から14.7%と大きく比率を上げている。なお、Mal/Iframeの大規模感染により6月にチャートインしていたイタリアはランク外となった。これは、サイバー犯罪者たちが特定の国にこだわらず侵入しやすいWebサーバを短期間、かつ重点的に攻撃をしかけている状況を表していて、同社ではセキュリティポリシーの徹底と従業員の不適切なWebアクセスの阻止を呼びかけている。

 2007年7月に報告があったメールウイルストップ10は以下の通り。


1.  W32/Netsky                 27.2%
2.  W32/Mytob                  18.3%
3.  W32/Zafi                   12.4%
4.  Mal/Iframe                  9.8%
5.  W32/MyDoom                  5.6%
6.  W32/Sality                  4.1%
7.  Troj/Agent                  3.8%
8.  W32/Bagle                   3.4%
9.  Mal/Clagger                 3.4%
10.  W32/Strati                 1.7%

その他                         10.3%
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top