日本通信、1ヶ月20時間のPHSデータ通信を10ヶ月分セットにした「b-mobile KuRiKa」を発売 〜余った分は翌月に繰り越し可能 | RBB TODAY

日本通信、1ヶ月20時間のPHSデータ通信を10ヶ月分セットにした「b-mobile KuRiKa」を発売 〜余った分は翌月に繰り越し可能

ブロードバンド その他

bモバイル・クリカのパッケージ写真
  • bモバイル・クリカのパッケージ写真
  • PHSデータ通信端末の写真 
  • bアクセスの基本画面
 日本通信は29日、PHSデータ通信カード・PHSデータ通信料・インターネット接続料・接続ツールなどを一括してパッケージに収めた「bモバイル」の新ラインアップとして、「b-mobile KuRiKa」(ビーモバイル・クリカ)を7月5日に発売すると発表した。価格はオープンで、店頭予想価格は4万円前後の見込み。

 b-mobile KuRiKaは、月20時間のPHSデータ通信を10ヶ月間利用できる権利をセットにした製品。月に20時間使わなかった場合には、余り分として最大20時間まで翌月に繰り越せるほか、1ヶ月における利用可能時間を超えてしまっても、最終月の利用時間から減算することで利用できるのを特徴としている。

 同社では現在、一定期間PHSも無線LANスポットも使い放題となる「bモバイルONE」や、分単位で利用できる「bモバイル・アワーズ」を提供しているが、今回のクリカについては、「月に20時間以内という使い方のユーザーが多いということから、新たに1日1時間弱、1ヶ月20時間までの利用に最適なものを提供する」としている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top