SBIジャパンネクスト証券、夜間の電子取引市場を開始 | RBB TODAY

SBIジャパンネクスト証券、夜間の電子取引市場を開始

 SBIホールディングスとザ・ゴールドマン・サックス・グループ・インクが50%ずつ出資しているSBIジャパンネクスト証券は、私設取引システム(Proprietary Trading System、以下「PTS」)の運営業務に係る内閣総理大臣の認可を受けたと発表した。

ブロードバンド その他
 SBIホールディングスとザ・ゴールドマン・サックス・グループ・インクが50%ずつ出資しているSBIジャパンネクスト証券は、私設取引システム(Proprietary Trading System、以下「PTS」)の運営業務に係る内閣総理大臣の認可を受けたと発表した。

 SBIジャパンネクスト証券は、ゴールドマン・サックス証券およびSBIイー・トレード証券株式会社などのネット証券数社とシステム接続などの準備を行ってきており、現在システムテスト、業務プロセスの確認作業を行っている。準備が終わり次第、夜間におけるPTS取引「ジャパンネクストPTS」を開始する予定だ。取引時間は毎営業日の午後7時から午後11時50分まで(午後7時から注文受付を開始するとともに取引を開始し、取引は午後11時50分まで継続的に行う)。

 ジャパンネクストPTSは、複数の証券会社がシステム接続する日本で初めての本格的な取引所外電子取引市場であり、相場情報についても日本証券業協会のウェブ「PTS Information Network」のほか、株式会社QUICKおよびびロイター・ジャパンを経由して配信する。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top