エンフォースデバイス、MySQL/PostgreSQLのデータを暗号化する「InfinityDB」 | RBB TODAY

エンフォースデバイス、MySQL/PostgreSQLのデータを暗号化する「InfinityDB」

 エンフォースデバイスは25日、暗号化MySQL/PostgreSQL「InfinityDB」を発売した。1CPUライセンスは40万円、1ユーザーライセンスは5万円。

エンタープライズ その他
 エンフォースデバイスは25日、暗号化MySQL/PostgreSQL「InfinityDB」を発売した。1CPUライセンスは40万円、1ユーザーライセンスは5万円。

 InfinityDBは、独自の暗号エンジン「Infinity」を搭載することによりMySQL/PostgreSQLの前データを暗号化するMySQL/PostgreSQL上位互換データベース。このエンジンは10の27000乗の乱数を発生させる超周期のアルゴリズムを採用し、暗号化の速度は1Gbpsとなっている。暗号化による速度劣化率平均3%未満、特異点10%未満を実現した。

 対応CPUはIA32、対応OSはCentOS 4、Red Hat Linux 3/4、dbモデルはMySQL 4/5系、PostgreSQL 8系。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top