世界で一番見られているYahoo! Japan、成長率ではGoogleがダントツ | RBB TODAY

世界で一番見られているYahoo! Japan、成長率ではGoogleがダントツ

ブロードバンド その他

プロパティ(企業別)集計における上位企業の利用者数
  • プロパティ(企業別)集計における上位企業の利用者数
 ネットレイティングスは25日、2007年5月度のインターネット利用動向のまとめを発表した。

 発表によると、家庭からのYahoo! Japanの月間利用者数は4,000万人台を初めて突破し、ネットレイティングスがインターネット視聴率データの提供を開始した2000年4月以来85ヶ月連続で利用者数、ページビュー共に1位をキープしている。

 Yahoo! Japanのリーチ%は88%で、インターネットユーザーの約9割が月に1度はYahoo! Japanが運営するサイトのいずれかを利用している。また、対前年同月からの成長率はGoogleが58%増と圧倒的な成長率を見せてトップだった。

 Yahoo! Japanの月間ページビューは、家庭・職場からの利用を合算すると318億ビューを突破している。これは、日本の約3倍のインターネット人口を持つアメリカと比較しても突出して多く、世界第一位となっている。なお、同月のアメリカにおける企業別ページビューは米国Yahoo!が316億ページビュー、News Corp. Onlineが296億ページビュー、Microsoftが155億ページビュー。

 ネットレイティングス代表取締役社長兼チーフアナリスト・萩原雅之は、「Yahoo! Japanは名実共に日本のインターネットを牽引してきました。近年、リーチが全体の9割に近づいて来ていることと、インターネット人口の伸びが鈍化していることが相まって今後の成長は鈍化が予測されます。それでもインターネット人口の増加率8%を上回る10%の成長を遂げていることは賞賛に値します。一方、Googleは主要サービスである検索サービスのほかに無料のWebサービスを投入したことや、人気の動画共有サイトYouTubeを傘下に入れたことなどにより圧倒的な成長を遂げています。今後、この両社を中心としたメガポータルの競争が激化していくことが予想されます。」と分析している。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top