「駅すぱあと」で交通費申請手続きができる法人向けASPサービス——NJK、KDDI | RBB TODAY

「駅すぱあと」で交通費申請手続きができる法人向けASPサービス——NJK、KDDI

エンタープライズ モバイルBIZ

 エヌジェーケー(NJK)とKDDIは18日、外出先からでもau携帯電話で交通費の精算手続きができる法人向けASPサービス「快速! 交通費」を共同で開発し、KDDIモバイルソリューションパートナーであるNJKが7月初旬より販売すると発表した。初期導入に費用はかからず、1ライセンス月額105円の利用料のみで導入できるのが特徴となっている。

 快速! 交通費は、au携帯電話の「EZアプリ(BREW)」とヴァル研究所の「駅すぱあと」を利用した交通費精算ソリューション。訪問先までの運賃データを駅すぱあとで検索して入力しておくと、一定期間au携帯電話に蓄積し、そのデータファイルを自社のメールアドレスに自動送信するという。また、利用時は、画面遷移を繰り返すことなく選択ボタンで駅名・路線名を選べるほか、一度入力した訪問履歴は、選択の頻度順に記憶されるため入力の手間も低減できるとしている。

 さらに、送信されたデータファイルはExcel形式の交通費精算申請書として印刷できるほか、ERPソフトのファイルフォーマットに変換して取り込めるようにするツールも提供されているため、PCでの入力作業を省略し、そのまま申請・処理できるとしている。

 なお、現時点で対応するERPソフトは、オービックビジネスコンサルタント(OBC)の「勘定奉行シリーズ ver.IV」「奉行LANPACK ver.IV」「奉行新ERP ver.IV」となっており、順次各社のERPソフトにも対応していく予定だとしている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top