オンラインプラネタリウム「MEGASTAR ONLINE」にVista標準機能のWPFが採用 | RBB TODAY

オンラインプラネタリウム「MEGASTAR ONLINE」にVista標準機能のWPFが採用

ブロードバンド その他

 マイクロソフトは18日、Windows Vistaの標準機能「Windows Presentation Foundation(WPF)」がプラネタリウム「メガスター」をテーマとしたWebコンテンツ構築に採用されたと発表した。

 WPFは、文字や静止画像、動画、アニメーションを使って情報を多面的・複合的に伝えるWebアプリケーションプラットフォーム。プラネタリウムクリエイター・大平貴之氏が公開したWebサイト「MEGASTAR ONLINE」では、WPFで構築した3D天球に数百万の星を映し出し、ユーザーは方角や角度、季節や時間を自由自在に操作して様々な星空を疑似体験できる。

 また、アスクドットジェーピー、NECビッグローブ、日経BP、ブリヂストンソフトウェア、および楽天もWPFを採用したWebコンテンツの作成を予定していることも明らかにされた。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top