【Interop Tokyo 2007 Vol.8】シスコがメッシュネットワークソリューションをデモ | RBB TODAY

【Interop Tokyo 2007 Vol.8】シスコがメッシュネットワークソリューションをデモ

 シスコシステムズはモバイルアクセスルーターとワイヤレスLANアクセスポイントを展示し、メッシュネットワークをアピールていた。

エンタープライズ モバイルBIZ
ブースのデモ風景
  • ブースのデモ風景
  • 「3200シリーズ」
  • メッシュLANソリューションはる「四国地方におけるデジタル・デバイド対策のための無線LANの活用に関する調査検討」にて国内初の実績がある
  • ワイヤレスLANアクセスポイント「Cisco Aironet 1500シリーズ」(Aironet 1500 Lightweight Mesh AP)の取り付けイメージ
  • 防水加工も施されている
  • 米国本社に構築されたメッシュネットワークのようすがリアルタイムで表示されていた
  • メッシュに接続されているビル内の端末も識別でき、危機管理に役立つ
 シスコシステムズはモバイルアクセスルーター「3200シリーズ」とワイヤレスLANアクセスポイント「Cisco Aironet 1500シリーズ」(Aironet 1500 Lightweight Mesh AP)を展示し、メッシュネットワークをアピールていた。

「Cisco Aironet 1500シリーズ」は、米国シリコンバレーの公衆ワイヤレスネットワークサービスに採用予定の製品。シリコンバレーではAzulstar Networks、シスコシステムズ、IBM、Seakayによる共同組織「Silicon Valley Metro Connect」によって、240万人が利用可能なメッシュ型の公衆無線LANサービスが構築される。日本では、総務省による「四国地方におけるデジタル・デバイド対策のための無線LANの活用に関する調査検討」にて国内初の実績がある。ちなみに「3200シリーズ」は、船舶や車両などに搭載されることを想定している。救急車、消防車に搭載すればセンターとのコラボレーションがリアルタイムで行える。

 ブースでは、電柱にみたてたポールに取り付けられた本体を見ることができた。サンノゼ本社のビルにも取り付けられており、パソコンには2つのゾーンを形成する本社のメッシュネットワークをリアルタイムで表示。ネットワークが使われているか使われていないかが表示されていた。また、同じゾーンの下にどんな端末がつながっているか、違法な端末(許可された端末)ではないかどうかなども確認できた。アライアンス&テクノロジー 先進ソリューション開発 シニアソリューションアーキテクトの郭宇氏は「我々はアクセスポイントという機器の提供だけではなく、利用シーンも考えたソリューションとして提供していく予定だ」と話した。

 モバイルアクセスルーターは、JR西日本やつくばエクスプレスにも採用されているという。郭宇氏は電子ペーパーを使った社内広告配信についても期待できるとしている。
《RBB TODAY》

特集

page top