筑波大学とKDDI、au向け動画コンテンツ作成ツールに利用可能な高速・高品質画像リサイズモジュールを開発 | RBB TODAY

筑波大学とKDDI、au向け動画コンテンツ作成ツールに利用可能な高速・高品質画像リサイズモジュールを開発

 筑波大学先端学際領域研究センター・特任教授の寅市和男氏とKDDIは14日、寅市教授が研究・開発した「フルーエンシ情報理論」を用いて、au携帯電話向けムービーコンテンツ作成オーサリングツールに利用可能な「高速・高品質画像リサイズモジュール」を開発したと発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
従来の「高速モード」で生成したコンテンツの比較例
  • 従来の「高速モード」で生成したコンテンツの比較例
 筑波大学先端学際領域研究センター・特任教授の寅市和男氏とKDDIは14日、寅市教授が研究・開発した「フルーエンシ情報理論」を用いて、au携帯電話向けムービーコンテンツ作成オーサリングツールに利用可能な「高速・高品質画像リサイズモジュール」を開発したと発表した。

 今回開発された画像リサイズモジュールは、現行のオーサリングツールと比較して、コンテンツの品質を維持しつつ、約1/4の処理時間でコンテンツを生成可能なのが特徴のもの。これにより、従来KDDIが提供してきたオーサリングツールでの「高速モード(高速にコンテンツ生成が可能だが品質が劣化する)」と「高品質モード(高品質なコンテンツ生成が可能だが処理時間が長くなる)」の両方を満たせるとしている。

 このモジュールに採用されたフルーエンシ情報理論は、デジタル信号とアナログ信号の相互変換理論の1つで、一般的に利用される変換理論と比較して劣化が少なく、かつ効率的に処理できるため近年注目されているという。今回開発されたモジュールにおいても、さまざまな性質の素材映像について画像リサイズに要した時間、および生成したコンテンツの品質を評価したところ、十分な処理速度および品質を実現できることを確認した、としている。

 なお、今回開発された画像リサイズモジュールは、2007年秋頃にau携帯電話向けムービーコンテンツ作成オーサリングツールに導入予定だとしている。同社では、「これにより、コンテンツプロバイダーのコンテンツ制作にかかる工数を削減でき、au携帯電話向けのムービーコンテンツが短時間で高品質に生成可能となるほか、コンテンツの種類のさらなる充実や品質の全体的な底上げが期待されます」と発表している。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top