敷設済みの電話配線で100Mbps——NEC、メタルアクセスシステム「ESUシリーズ」を発売 | RBB TODAY

敷設済みの電話配線で100Mbps——NEC、メタルアクセスシステム「ESUシリーズ」を発売

エンタープライズ その他

ESU-8C:コンセントレータ
  • ESU-8C:コンセントレータ
  • ESU-R:端末装置
  • ESU-8CとESU-Rの接続例
  • ESU-C/R:コンセントレータ/端末一体型
  • ESU-C/Rの接続例
 日本電気(NEC)とNECマグナスコミュニケーションズは13日、既存の電話配線を利用して、配線距離100m以内の範囲で上り/下りともに100Mbpsの通信速度を提供する技術を独自に開発し、専用LSIにより実現したと発表した。

 また、この技術を採用し、電話線でEthernetと同様の速度が実現できるシステム「ESU(Ethernet Service Unit)シリーズ」を6月中に発売すると併せて発表している。価格は、コンセントレータ1台に8台の端末装置がセットになった基本システム構成で303,450円(工事費別)

 今回開発された技術は、一般のxDSL技術とは異なり、配線距離を限定することで、既存電話配線にてEthernetと同様の上り/下りともに100Mbpsを固定速度として提供できるのが特徴となっている。

 この技術を採用したESUシリーズは、センター側のESUコンセントレータ「ESU-C8」と端末装置「ESU-R」で構成されるシステム。既存の電話配線で100BASE-TX相当の固定通信速度を実現しているのに加え、端末装置が小型な上にセンター給電によりAC電源が不要であることなどの特徴を持っている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top