日立、表計算を墨塗りしても真正性を維持できる電子署名ツールの試作品を開発 | RBB TODAY

日立、表計算を墨塗りしても真正性を維持できる電子署名ツールの試作品を開発

 日立製作所は8日、表計算ドキュメントの電子署名ツール「表計算ソフト向け墨塗り署名ツール」の試作品を開発したと発表した。

ブロードバンド その他
 日立製作所は8日、表計算ドキュメントの電子署名ツール「表計算ソフト向け墨塗り署名ツール」の試作品を開発したと発表した。
  •  日立製作所は8日、表計算ドキュメントの電子署名ツール「表計算ソフト向け墨塗り署名ツール」の試作品を開発したと発表した。
  •  日立製作所は8日、表計算ドキュメントの電子署名ツール「表計算ソフト向け墨塗り署名ツール」の試作品を開発したと発表した。
  •  日立製作所は8日、表計算ドキュメントの電子署名ツール「表計算ソフト向け墨塗り署名ツール」の試作品を開発したと発表した。
 日立製作所は8日、表計算ドキュメントの電子署名ツール「表計算ソフト向け墨塗り署名ツール」の試作品を開発したと発表した。

 同ツールは、早稲田大学の岩村充教授らと共同で開発した「墨塗り署名技術」を採用することにより、表計算ソフトで作成したドキュメントに電子署名を追加し、さらには電子署名追加後でも改ざんとはみなされずに表計算シートのセルを塗りつぶして情報を隠せるというもの。

 墨塗り署名技術では、電子署名を作成する際にセルごとに乱数を発行し、この乱数を使って各セルにハッシュ値を生成した上でそれぞれのハッシュ値から表計算シート全体の要約値(ダイジェスト)を生成する。この要約値を公開鍵暗号方式の秘密鍵で暗号化して電子署名を作成する。セルの墨塗りを行う場合は、墨塗りしたセルの内容と乱数を削除し、削除したデータの代わりにハッシュ値を埋め込むことで墨塗り前と変わらない要約値が得られるため、表計算シート全体の真正性を証明できる。なお、ハッシュ値からは元のデータの復元はできない。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top