R&B/HipHopやテクノなどに最適! アビッド、中低音域重視のUltimate Ears製カナル型イヤホン | RBB TODAY

R&B/HipHopやテクノなどに最適! アビッド、中低音域重視のUltimate Ears製カナル型イヤホン

 アビッドテクノロジーは1日、同社の1部門であるエムオーディオよりUltimate Ears製のカナル型イヤホン「Metro.fi 2(メトロ・ファイ・ツー)」を発表した。価格はオープンで、同社直販サイトでの価格は12,810円。6月8日発売。

IT・デジタル その他
 アビッドテクノロジーは1日、同社の1部門であるエムオーディオよりUltimate Ears製のカナル型イヤホン「Metro.fi 2(メトロ・ファイ・ツー)」を発表した。価格はオープンで、同社直販サイトでの価格は12,810円。6月8日発売。
  •  アビッドテクノロジーは1日、同社の1部門であるエムオーディオよりUltimate Ears製のカナル型イヤホン「Metro.fi 2(メトロ・ファイ・ツー)」を発表した。価格はオープンで、同社直販サイトでの価格は12,810円。6月8日発売。
 アビッドテクノロジーは1日、同社の1部門であるエムオーディオよりUltimate Ears製のカナル型イヤホン「Metro.fi 2(メトロ・ファイ・ツー)」を発表した。価格はオープンで、同社直販サイトでの価格は12,810円。6月8日発売。

 同製品はフルレンジに対応するというダイナミック方式の大型スピーカー搭載により、低音域の強化を図ったカナル型イヤホン。Ultimate Earsの音響理論に基づいたキャビネットデザインを採用することで、クリアな中高音域を実現するという。また、シングルフランジ・シリコンイヤーチップ6個(小2/中2/大2)とダブルフランジ・シリコンチップ2個を同梱することで、装着性を高めるとともに、外部ノイズを適度に遮音できるように配慮している。なお、同社は同製品に最適なソースとしてPOPS/R&B/HipHop/ハウス/テクノといった中低音重視ソースをあげている。

 同製品の主なスペックは、周波数特性が20Hz〜13kHzで、インピーダンスは16Ω。ケーブル長は1.3mで、ケーブルを含む重さは20g。
《》

特集

page top