東芝、2GBメモリ搭載のweb限定ノートPC「dynabook Satellite TXW」シリーズ | RBB TODAY

東芝、2GBメモリ搭載のweb限定ノートPC「dynabook Satellite TXW」シリーズ

IT・デジタル ノートPC

dynabook Satellite TXW/67CW
  • dynabook Satellite TXW/67CW
 東芝は1日、同社製ノートPCのweb限定モデル「dynabook Satellite TXW」シリーズの新ラインアップとして、デザインを一新し、標準で2GBメモリを搭載した2製品を発売した。

 今回発表されたのは、Core 2 Duo搭載モデル「dynabook Satellite TXW/67CW」および、Celeron搭載モデル「dynabook Satellite TXW/66CW」の2製品。いずれも標準で2GB(1GB×2)のデュアルチャネル対応PC2-5300メモリを搭載する。従来機同様、解像度1,280×800ピクセル15.4型ワイド液晶を採用し、DVDスーパーマルチドライブ、IEEE802.11b/g準拠の無線LANを搭載。OSはWindows Vista Home Premiumを採用する。従来機からの変更点として、ExpressCard/54スロットを採用したことで拡張性を向上させたほか、天板のカラーをピーコックブルーからオニキスブルーメタリックとするなど、筐体デザインを一新した。

 TXW/67CWの主な仕様は、CPUがCore 2 Duo T5500(1.66GHz)で、チップセットは945GM Express、HDDは120GB。リチウムイオンバッテリー搭載で、駆動時間は約1.1時間。同社直販サイトでの価格は179,800円。

 TXW/66CWの主な仕様は、CPUがCeleron M 440(1.86GHz)で、チップセットは943GML Express、HDDは80GB。バッテリー駆動時間は約0.9時間。同社直販サイトでの価格は124,800円。

 そのほか、2製品共通の仕様として、インターフェースはUSB2.0×4、IEEE1394(4ピン)×1、ミニD-Sub15ピン、Sビデオ、SDカード(SDHC対応)/MMC/メモリースティック/メモリースティックPRO/xD-Picture Card対応スロットなど。本体サイズは幅362×高さ33.5(〜39.3)×奥行き267.8mmで、バッテリーを含む重さは2.8kg。なお、いずれの製品ともMicrosoft Office Personal 2007プレインストールモデルも選択できる。
《》

関連ニュース

特集

page top