NTT東日本、5/28〜29配布のひかり電話対応ルータファームウェアに不具合 | RBB TODAY

NTT東日本、5/28〜29配布のひかり電話対応ルータファームウェアに不具合

ブロードバンド その他
 NTT東日本は30日、5月28日より配布を行っていたひかり電話対応ルータのファームウェアを適用した場合、特定条件下にて不具合が発生することを明らかにした。

 今回不具合が発生しているのは「PR-200NE」、および「RV-230NE」のファームウェア バージョン2.00で、5月30日現在の対象台数は最大1万1,024台。不具合が発生する条件は、以下の通り。

・ファームウェアバージョン2.00を適用した「PR-200NE」、および「RV-230NE」
・ナンバー・ディスプレイは未契約
・電話機ポートのナンバー・ディスプレイ設定が「使用する」(初期値は「使用する」)

 この条件下でナンバー・ディスプレイ非対応電話機を使用している場合は、着信時に正常なベル音が鳴り出す前の5〜6秒間に通常よりも短いベル音が鳴り、この間に受話器を取ると電話が切れてしまう。なお、通常のベル音に変わった後に受話器を取った場合は正常に通話できる。また、ナンバー・ディスプレイ対応電話機を使用している場合は、着信時に電話機のディスプレイに「表示圏外」などの表示が出る。

 この問題を回避するには、電話機ポートのナンバー・ディスプレイを「使用しない」に設定する必要がある。なお、問題が発生したファームウェアは5月29日21時40分にバージョンアップサーバから削除されている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top