シャープ、入力枠数が選択できる手書きパッド搭載の電子辞書「Papyrus PW-AT760」 | RBB TODAY

シャープ、入力枠数が選択できる手書きパッド搭載の電子辞書「Papyrus PW-AT760」

IT・デジタル その他
PW-AT760
  • PW-AT760
 シャープは、同社製電子辞書「Papyrus」シリーズの新ラインアップとして、文字入力枠数などの選択が可能な「選べる手書きパッド」を搭載する「PW-AT760」を5月25日に発売する。カラーはブラックとシルバーの2色。価格はオープンで、予想実売価格は33,000円。

 同製品は従来機から継承する「手書きパッド」に、文字入力枠を1桁か2桁のどちらかを選択できる「入力枠切替」機能を追加した電子辞書。複雑な漢字を「1枠」を使って広々と入力したり、連続する言葉を「2枠」を使ってまとめて入力するなどといった使い方ができる。また、手動認識と自動認識が切り替えられる「認識切替」機能を搭載しており、複雑な漢字を入力する際には、誤認識を防止するように「手動認識」に切り替えることで、効率よく入力できるよう配慮している。収録するコンテンツは百科事典をはじめ、語学や医学、脳トレーニングなど計100コンテンツで、「スーパー大辞林3.0」にはクラシック音楽や鳥の鳴き声など約470の音声も収録する。また、カードスロットを搭載しており、別売のコンテンツカードを追加できるほか、今回新たにSDカード内に保存したMP3オーディオの再生に対応した。「英会話とっさのひとこと辞典」に収録されている、日本語や英語のフレーズ音声の聞き流し学習にも利用できる「音声連続再生」機能も搭載する。

 ディスプレイは320×240ピクセル表示対応の5.4型高反射FSTN液晶で、電源は単4形乾電池×2。本体サイズは幅141.9×高さ18.7×奥行き108.3mmで、重さは259g。タッチペン、イヤホンなどが付属する。
《》

関連ニュース

特集

page top