約6割がポイントサイトの利用経験アリ——MMD研究所調べ | RBB TODAY

約6割がポイントサイトの利用経験アリ——MMD研究所調べ

ブロードバンド その他

 モバイル市場を調査・分析しているモバイルマーケティングデータ(MMD)研究所は「ポイントサイトに関する利用動向調査」を実施した。それによるとポイントサイトの利用経験者は約6割で、ポイントは交換より換金される傾向にあることがわかった。

 同研究所は、広告代理事業などを手掛けるアップデイトが運営する機関だ。今回の調査は、stratationの無料ホームページ作成サービス「00HPメイカー」、OKTが運営する「テレぐら」など計12社、13モバイルサイトの協力の下に行われた。調査期間は今月6〜9日の4日間、6,248の有効回答を得た。

 ポイントサイトを「利用している」人は46.7%、また「過去利用したことがあるが、現在は利用していない」が12.1%と、利用経験のある人が約6割を占めた。また年代別で見ると、「利用している」が25歳以上で5割以上、「一度も利用したことがない」が10代で約6割と、年代を追うごとに利用比率が高くなることがわかった。
 一方、ポイントサイトを現在利用中の回答者が同時に登録したサイト数を聞いたところ「1つ」は14.6%にとどまったが、複数のポイントサイトに登録している回答者は8割以上に上った。このうち「5つ以上」が26.4%、「10以上」が20.6%と、5つ以上に登録している回答者が約5割を占めた。

 このほか交換した商品を聞くと、「金券・商品券」が66.3%と最も多く、次いで「電子マネー」が31.7%と、ポイントサイト外でも利用できるものが上位にきた。
《松岡美樹》

関連ニュース

特集

page top