三菱、ビジネスシーンでの使い勝手に配慮した17/19型液晶ディスプレイ | RBB TODAY

三菱、ビジネスシーンでの使い勝手に配慮した17/19型液晶ディスプレイ

IT・デジタル ノートPC

17/19型液晶のDiamondcrysta新シリーズ
  • 17/19型液晶のDiamondcrysta新シリーズ
 三菱電機は18日、ビジネスユースの液晶ディスプレイとして「Diamondcrysta」の新シリーズを発表。17型と19型液晶で、5月下旬発売。価格はオープンで、予想実売価格は17型が29,800円前後、19型が42,800円前後。

 ビジネスシーンでの使用を考えて、使い勝手のよい機能やデザインが採用されている。本体は電源部が内蔵され、省スペースでの設置が可能。表面加工を施したフロントベゼルは、のり付きふせん紙が貼り付きやすい素材になっている。また、ベーススタンドには、ボールペンなどの小物が置けるようにくぼみが付いている。

 17型「RDT177LM」、19型「RDT195LM」ともにカラーはホワイトとブラックの2種。最大解像度は1,280×1,024ピクセル(SXGA)、輝度は260cd/m2(RDT177LM)、280cd/m2(RDT195LM)、視野角は上下/左右160度、応答速度は5m/秒(黒→白→黒)。ミニD-SUB15ピン端子を備える。スタンドを含んだ本体サイズと重さは、RDT177LMが幅372×高さ370.5×奥行き198mm、重さは約3.9kg。RDT195LMが幅414×高さ406×奥行き221mm、重さは約4.2kg。
《》

特集

page top