サムスン、ダイナミックコントラスト比2,000:1の19型液晶ディスプレイ | RBB TODAY

サムスン、ダイナミックコントラスト比2,000:1の19型液晶ディスプレイ

IT・デジタル ノートPC

 日本サムスンは18日、19型液晶ディスプレイ「SyncMaster 932B Plus-R」を発表した。同社直販サイトで本日より販売開始。直販価格は27,800円。
  •  日本サムスンは18日、19型液晶ディスプレイ「SyncMaster 932B Plus-R」を発表した。同社直販サイトで本日より販売開始。直販価格は27,800円。
  •  日本サムスンは18日、19型液晶ディスプレイ「SyncMaster 932B Plus-R」を発表した。同社直販サイトで本日より販売開始。直販価格は27,800円。
  •  日本サムスンは18日、19型液晶ディスプレイ「SyncMaster 932B Plus-R」を発表した。同社直販サイトで本日より販売開始。直販価格は27,800円。
 日本サムスンは18日、19型液晶ディスプレイ「SyncMaster 932B Plus-R」を発表した。同社直販サイトで本日より販売開始。直販価格は27,800円。

 SyncMaster 932B Plus-Rは、バックライトの輝度を変えて映像のコントラストを上げるダイナミックコントラスト(DC)機能を備える。通常コントラスト比は700:1で、ダイナミックコントラスト比は2,000:1。
 
 最大解像度は1,280×1,024ピクセル(SXGA)、輝度は300cd/m2、視野角は上下/左右160度、応答速度は5m/秒(黒→白→黒)。インターフェースとしてミニD-Sub15ピン/DVI-D端子を備える。消費電力は最大で38W。本体サイズはスタンドを含めて幅418×高さ418×奥行き199mm、重さは4kg。画質調整などをPCから行えるソフト「MagicTune」が付属する。
 
 また、同社は17日付けで、法人向けディスプレイ2機種も発表している。20V型ワイドディスプレイ「SyncMaster 206BW-R」と19V型ワイドディスプレイ「SyncMaster 940NW-R」で、価格はともにオープン。SyncMaster 206BW-Rは同社直販サイトで販売しており、直販価格は39,800円。

 SyncMaster 206BW-Rはダイナミックコントラスト機能を搭載。通常コントラスト比は800:1で、ダイナミックコントラスト比は3,000:1。最大解像度は1,680×1,050ピクセル(WSXGA)、視野角は上下/左右160度、応答速度は2m/秒(黒→白→黒)。インターフェースとしてミニD-Sub15ピン/HDCP対応DVI-D端子を備える。消費電力は最大で55W。本体サイズはスタンドを含めて、幅476×高さ396.4×奥行き219.3mm、重さは6.1kg。こちらも「MagicTune」が付属する。
 
 SyncMaster 940NW-Rは、コントラスト比700:1の液晶ディスプレイ。最大解像度は1,440×900ピクセル(WXGA+)、視野角は上下/左右160度、応答速度は5m/秒(黒→白→黒)。インターフェースはミニD-Sub15ピンのみとなっている。消費電力は最大で42W。本体サイズはスタンドを含めて、幅439×高さ360×奥行き200mm、重さは4.7kg。本体には「MagicTune」が付属。
《小林聖》

特集

page top