5月31日世界10か国でGoogle開発者の祭典——Google Developer Day 2007 | RBB TODAY

5月31日世界10か国でGoogle開発者の祭典——Google Developer Day 2007

ブロードバンド その他

Google Developer Day 2007のホームページ画像。各国の開催概要などがGoogle Mapで見られるようになっている
  • Google Developer Day 2007のホームページ画像。各国の開催概要などがGoogle Mapで見られるようになっている
 4月11日(現地時間)、米国Googleは5月31日に世界10か国で「Google Developer Day」を開催すると発表した。

 このイベントは、Google APIや開発ツールに関しての基調講演、ワークショップ、ブレイクアウトセッションから構成される。Googleのサーチおよびユーザーエクスペリエンス部門担当の副社長のMarissa Mayerは、「世界中のGoogle開発者が集まる初のイベント開催ににとても興奮しています。開発者たちは、Google APIや開発ツールによって夢のような革新を生み出していますが、このGoogle Developer Dayは、そのような開発者たちの輪を広げ、Google社内の開発者チームから最新技術を学んだり質問をしたりする機会を与えます。同時に、我々にとってはコミュニティからのフィードバックと、ユーザーにとってよりよい提案はなんなのかを発見する機会を与えてくれます。」と述べている。

 会場は、Googleの現地オフィスがある世界中の10都市、マウンテンビュー(米国)、ロンドン(英国)、サンパウロ(ブラジル)、パリ(フランス)、マドリッド(スペイン)、ハンブルグ(ドイツ)、モスクワ(ロシア)、東京(日本)、シドニー(オーストラリア)、北京(中国)を予定している。イベントは、シドニーの現地時間で5月31日午前9時にスタートし、27時間後のマウンテンビューの現地時間で同日午後7時で終了する。

 各地で予定されているスピーカーは、以下のとおりだ。

北京:Guido Van Rossum(Pythonの開発者)
ロンドン:Chris DiBona(Googleのオープンソースプログラムマネージャ)
マドリッド:Mark Stahl(Google data API技術
マウンテンビュー:Bruce JohnsonとJoel Webber(Google Web Toolkitの開発者)、Bred Taylor(Googleのプロダクトマネージャ)
シドニー:Lars Rasmussen(Google Mapのシニアエンジニア)
東京:Greg Stein(Apach Software Foundation、Googleのエンジニアリングマネージャ)
《RBB TODAY》

特集

page top