バッファロー、容量1TBの3.5インチHDDなど3製品 | RBB TODAY

バッファロー、容量1TBの3.5インチHDDなど3製品

IT・デジタル ノートPC

 バッファローは11日、容量1TBのSerial ATA II/Serial ATA対応HDD「HD-H1.0FBS2/3G」などを発表した。HD-H1.0FBS2/3Gの発売は4月下旬で、価格は60,165円。
  •  バッファローは11日、容量1TBのSerial ATA II/Serial ATA対応HDD「HD-H1.0FBS2/3G」などを発表した。HD-H1.0FBS2/3Gの発売は4月下旬で、価格は60,165円。
  •  バッファローは11日、容量1TBのSerial ATA II/Serial ATA対応HDD「HD-H1.0FBS2/3G」などを発表した。HD-H1.0FBS2/3Gの発売は4月下旬で、価格は60,165円。
  •  バッファローは11日、容量1TBのSerial ATA II/Serial ATA対応HDD「HD-H1.0FBS2/3G」などを発表した。HD-H1.0FBS2/3Gの発売は4月下旬で、価格は60,165円。
  •  バッファローは11日、容量1TBのSerial ATA II/Serial ATA対応HDD「HD-H1.0FBS2/3G」などを発表した。HD-H1.0FBS2/3Gの発売は4月下旬で、価格は60,165円。
 バッファローは11日、容量1TBのSerial ATA II/Serial ATA対応HDD「HD-H1.0FBS2/3G」などを発表した。HD-H1.0FBS2/3Gの発売は4月下旬で、価格は60,165円。
 
●1TB HDD「HD-H1.0FBS2/3G」
 Serial ATA II/Serial ATA対応の3.5インチHDD。750GBまでだったこれまでのラインアップに、新たに1TBモデルを追加した。

 回転速度は7,200rpm。本体にはHDDのデータ移行ソフト「Acronis Migrate Easy」やパーティション変更ソフト「Acronis PartitionExpert LE」などのソフトが付属する。
 
 容量1TBのHDDは、先日バルクのものが店頭に並び始めたばかり。なお、本製品は受注生産のみの販売となる。
 また、同社は本日付けで内蔵/外付けHDD計25製品の価格改定も実施。750GBの3.5インチHDD「HD-H750FBS2/3G」が76,860円から54,495円になるなど、最大で約29%の値下げが行われている。
 
●ポータブルHDD 250GBモデル「HD-PL250U2」
 USBバスパワー対応のポータブルHDD「HD-PLU2」シリーズの追加モデル。ケーブルを本体に巻きつけて収納できるのも特徴だ。

 容量は同社のポータブルHDDの中では最大となる250GB。フローティング構造などを採用しており、耐衝撃仕様となっている。本体サイズは幅127×高さ83×奥行き21mm、重さは約225g。対応OSはWindows Vista/XP/2000/ME、Mac OS X 10.2.7以上。
 
 発売は4月下旬で、価格は35,490円。
 
●電卓機能搭載テンキー「BTK-UD02」シリーズ
 USBバスパワー対応のテンキー。単体で電卓機能を備えており、PCに接続していないときはソーラー電池からの電力で使用できる。
 
 従来モデルのマイナーチェンジモデルになり、カラーバリエーションがシルバー/ホワイト/ブラックの3種類に増えたほか、デザインなどが変更されている。

 本体サイズは幅116×高さ33×奥行き178mm、重さは約190g。ケーブル長は0.6mで、使用時以外は本体裏側に収納できる。
 
 発売は4月下旬で、価格は2,783円。
《小林聖》

特集

page top