3月商戦で携帯電話契約が大幅増——TCA調べ | RBB TODAY

3月商戦で携帯電話契約が大幅増——TCA調べ

ブロードバンド その他

 電気通信事業者協会(TCA)は6日、3月末現在の携帯電話、およびPHSの事業者別契約数と無線呼び出し回数の合計を発表した。

 発表によると、携帯電話の契約数合計は9,671万7,900で95万5,600の純増。事業者別契約数では、NTTドコモが5,261万1,100で29万8,000の純増、auが2,731万6,800で71万1,700の純増、ツーカーが87万1,500で18万1,700の純減、ソフトバンクが1,590万8,500で12万7,600の純増となった。なお、NTTドコモ、auでは通信モジュールサービスも契約数に含まれ、ソフトバンクでは含まれていない。

 システム別契約数では、PDCが2,621万1,500で185万2,300の純減、cdmaOneが59万7,200で2万契約の純減、W-CDMAが4,318万9,600で209万6,200の純増、CDDMA2000 1xは2,671万9,600で73万1,600の純増。

 プリペイドの契約数は、NTTドコモが4万4,500で400の純減、auが35万6,600で1万5,700の純増、ツーカーが47万600で5万700の純減。なお、ソフトバンクは数値を公表していない。

 通信モジュールの契約数は、NTTドコモが102万6,800で3万7,300の純増、auが69万8,900で1万6,800の純増。

 インターネット接続サービス契約数は、8,437万1,800で96万3,900の純増。事業者別に見ると、NTTドコモのiモードが4,757万4,000で28万3,100の純増、auとツーカーのEZwebが2,353万3,200で55万1,800の純増、ソフトバンクのYahoo!ケータイが1,326万4,600で12万9,100の純増。

 PHSの契約数合計は498万200(前月比1.3%増)。事業者別契約数は、WILLCOMが452万7,100で9万3,000の純増、NTTドコモが45万3,100で3万400の純減。

 2月末の無線呼び出し合計は44万900(前月比1.1%減)。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top