iPodが目覚ましに! ロジテック、Dock接続のサウンドシステム | RBB TODAY

iPodが目覚ましに! ロジテック、Dock接続のサウンドシステム

IT・デジタル その他

ホワイトモデルの「LDS-iALARMWH」。驚くほど目覚ましチック(iPod本体は別売り)
  • ホワイトモデルの「LDS-iALARMWH」。驚くほど目覚ましチック(iPod本体は別売り)
  • ブラックモデル「LDS-iALARMBK」の箱
 ロジテックは4日、iPod Dockコネクタ搭載のサウンドシステム「LDS-iALARM」を発表した。発売は4月中旬で、価格はオープン。予想実売価格は7,980円。
 
 LDS-iALARMは、Dockコネクタ接続でiPod内の音楽ファイルの再生や本体の充電ができるスピーカーシステム。最大の特徴はアラーム機能を搭載している点で、設定した時刻に好きな曲を再生させることができる。

 デザイン的にも目覚まし時計を意識したつくりになっており、スピーカーはベル状の形になっている。また、上部にはスヌーズボタンも搭載。アラーム再生時に押せば一時音声出力を停止し、9分後に再開される。
 
 アラームとして使用しないときは、通常のスピーカーやiPodの充電スタンドとしても使用可能。電源はACアダプタ経由で供給。本体サイズは幅137×高さ143×奥行き93mm、本体のみでの重さは345g。カラーバリエーションとしてホワイトモデルの「LDS-iALARMWH」とブラックモデルの「LDS-iALARMBK」の2モデルを用意する。
 
 対応機種は第5世代/第4世代iPod、第2世代/第1世代iPod nano。
《小林聖》

特集

page top