KDDIと富士通、モバイルWiMAX用の高効率増幅器を開発 | RBB TODAY

KDDIと富士通、モバイルWiMAX用の高効率増幅器を開発

 KDDIと富士通および富士通研究所は2日、2006年5月より共同開発を続けてきたモバイルWiMAXシステム(IEEE 802.16e-2005)に適用可能な高効率増幅器において、世界最高レベルの電力効率をもつモバイルWiMAX用増幅器の開発に成功したと発表した。

ブロードバンド その他
 KDDIと富士通および富士通研究所は2日、2006年5月より共同開発を続けてきたモバイルWiMAXシステム(IEEE 802.16e-2005)に適用可能な高効率増幅器において、世界最高レベルの電力効率をもつモバイルWiMAX用増幅器の開発に成功したと発表した。

 KDDIによると、増幅器の高効率化により、基地局装置の小型化(省スペース化)、軽量化、低消費電力化、静音化および高信頼化(メンテナンスフリー化)が図れるようになるとともに、電力設備や空調設備などの付帯設備類についても小型化、低コスト化が実現できるようになるという。

 今回開発された増幅器において富士通は、富士通研究所で開発・改良した窒化ガリウムHEMTデバイスを適用し、高効率増幅回路の最適化設計および3Gシステムで実績のあるデジタルプリディストーション技術の改良を実施。出力電力25W、動作周波数2.5GHz帯で従来比の2倍にあたる約30%の電力効率の送信増幅器を試作開発し、実用化のメドが付けられたとしている。

 今後富士通では、モバイルWiMAXを含む移動通信用基地局装置での実用化を進め、2007年からシステムに組み込むと同時にパワーアンプ単体ビジネスにも取り組んでいくとしている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top