【スピード速報】アップ速度トップ1000の25%強は東京。首都圏で過半数。四国九州はゼロ | RBB TODAY

【スピード速報】アップ速度トップ1000の25%強は東京。首都圏で過半数。四国九州はゼロ

ブロードバンド その他

【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は40万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。
  • 【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は40万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。
  • 円グラフの通り、アップロード速度トップ1000のうち4分の1は東京。これに、神奈川、埼玉、千葉を加えた首都圏4件で過半数に達する。日本地図にプロットすると「東高西低」なのが明白に
【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は40万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。

 今回は2007年2月13日〜2月19日の全測定データを用いて、アップロード速度のトップ1000ランキングを作成し、最新の手法によりIPアドレスを用いた発信地解析を行って都道府県ごとにランクインした件数を算出した。なお、同一IPアドレスからのデータについては、最速の1件のみをカウントしている。

 図を見ての通り、アップロード速度トップ1000のうち255件(25.5%)、つまり、4分の1は、東京からのデータであった。これに、神奈川、埼玉、千葉を加えた首都圏4件で、なんと、過半数に達する。ちなみに、今回のトップは94.6Mbpsで、東京からのデータであった。
 これに対して、首都圏以外では、愛知県が3位、大阪府が6位に入ったが、見ての通り、ランクインした都道府県は東日本に偏っており、兵庫県より西では、広島県の3件(0.3%)のみであった。

 インフラに恵まれた首都圏・近畿圏がランキングに入りやすいのはやむを得ないとしても、九州四国がゼロというのは驚くべき結果である。既報「アップロード平均速度は和歌山・愛知も速い!」で算出したとおり平均速度ではゆるく見えた地域差が、アップロード速度トップ1000では明確に出ているといえよう。
 アップロード速度は情報発信のスピードであり、インターネットに積極的に関わり「Web2.0を実現する」ユーザを支える要素のひとつである。この「東高西低」が今年は解消に向かうことを期待したい。
《平野正喜》

特集

page top