ケンウッド、ポータブルデジタルHDDオーディオプレーヤーMedia Keg「HD10GB7」の一部にノイズ発生 | RBB TODAY

ケンウッド、ポータブルデジタルHDDオーディオプレーヤーMedia Keg「HD10GB7」の一部にノイズ発生

IT・デジタル その他

 ケンウッドは26日、ポータブルデジタルHDDオーディオプレーヤーMedia Keg「HD10GB7」の一部製品に、ノイズが発生する可能性があることを発表。生産の改善とともに改善品との見分け方を公表し、無償修理の受け付けを開始した。
  •  ケンウッドは26日、ポータブルデジタルHDDオーディオプレーヤーMedia Keg「HD10GB7」の一部製品に、ノイズが発生する可能性があることを発表。生産の改善とともに改善品との見分け方を公表し、無償修理の受け付けを開始した。
 ケンウッドは26日、ポータブルデジタルHDDオーディオプレーヤーMedia Keg「HD10GB7」の一部製品に、ノイズが発生する可能性があることを発表した。本体の構造上、使用状況によりごく稀に、画面表示中、画面下方に輝線が現れ、ヘッドホンから大きなノイズが発生するもの。本体上部やヘッドホンジャック部へ外部から力が加わることにより、表示部の線材が音声回路に接触した場合に生じるという。

 ケンウッドではすでに改善品を生産。改善ずみ製品について、本体や外装箱に黒または緑のマークを付け、識別できるようにしている。

 製造番号が「HD10GB7-W 61100001〜70100780」「HD10GB7-B 61100001〜70100740」の範囲内の場合、この症状の発生する可能性がある。ケンウッドでは無償修理の受付を開始し、本体背面に貼られた銀色のシールを確認するよう、広く呼びかけている。ただし、該当番号でも前記の改善済製品識別マークが付いていれば、問題なく使用できるという。
《》

特集

page top