キヤノン、3型液晶搭載の「IXY DIGITAL 90」やより薄く軽量になった「IXY DIGITAL 10」 | RBB TODAY

キヤノン、3型液晶搭載の「IXY DIGITAL 90」やより薄く軽量になった「IXY DIGITAL 10」

IT・デジタル デジカメ

IXY DIGITAL 90
  • IXY DIGITAL 90
  • IXY DIGITAL 10
  • IXY DIGITAL 90
  • IXY DIGITAL 10
  • IXY DIGITAL 10の本体カラーは2色。左:ブラック、右:シルバー
 キヤノンは、薄型コンパクトデジタルカメラ「IXY DIGITAL 90」と「IXY DIGITAL 10」を3月中旬に発売する。価格はオープンだが、予想実売価格はIXY DIGITAL 90が4万円前後、IXY DIGITAL 10が3万7,000円前後。

 IXY DIGITAL 90/10は基本設計を見直し、レンズ鏡筒やストロボ、メイン基盤などを小型化。前モデルのIXY DIGITAL 80/70に比べ薄型化と軽量化を実現している。とくにIXY DIGITAL 10は70に比べ約2.3mm薄く、15g軽くなっている。

 両機種とも、フェイスキャッチテクノロジーと、ノイズリダクションテクノロジーが盛り込まれた画像処理エンジンの「DIGIC III」を採用。人物の顔を認識してピント/露出を合わせる「顔優先AF/AE」や、人物を綺麗に撮影できる明るさにストロボの発光量を調節する「顔優先FE」機能、画像再生時に赤目を補正する「赤目補正」機能を搭載している。

 有効710万画素の1/2.5型CCDを装備。最大記録解像度は3,072×2,304ピクセルで、最大640×480ピクセルでの動画撮影が可能。

 液晶ディスプレイはIXY DIGITAL 90が3型約23.0万画素で、IXY DIGITAL 10は2.5型約23.0万画素の「クリアライブ液晶」を採用する。また、IXY DIGITAL 10は光学ファインダーを搭載している。

 レンズは両製品ともに焦点距離5.8〜17.4mmの沈胴式光学3倍ズームで、35mm判換算の撮像画角は35〜105mm。開放F値はF2.8〜4.9となる。最高感度は、IXY DIGITAL80/70のISO800からISO1,600になっている。また、ボタンを押すだけでISO感度を変更できる「ISOボタン」や、手ブレの可能性があるシャッタースピードになると、ISO感度を最大ISO800までアップさせる「ISOブースター」機能を搭載。また、露出補正、ホワイトバランス、デジタルテレコン、動画など8つの機能から、1つを好みに合わせて登録できる「イージーダイレクトボタン」を搭載している。

 記録メディアは、SDHC/SDメモリ/マルチメディアカードに対応。ともに電源はリチウムイオン充電池でバッテリー寿命は約210枚としている。

 サイズはIXY DIGITAL 90が幅91.6×高さ56.8×奥行19.6mm(突起部を除く)、重さは約130g(本体のみ)。IXY DIGITAL 10が幅85.9×高さ53.5×奥行19.4mm(突起部を除く)、重さは約125g(本体のみ)。
《》

関連ニュース

特集

page top