ヤマハ、本格志向のHiFiオーディオ用スピーカー | RBB TODAY

ヤマハ、本格志向のHiFiオーディオ用スピーカー

IT・デジタル その他

Soavo-2を同時スピーカースタンドSPS-900と組み合わせた例
  • Soavo-2を同時スピーカースタンドSPS-900と組み合わせた例
  • Soavo-2本体
 ヤマハは16日、HiFiオーディオ用のスピーカー「Soavo-2」および対応スピーカースタンド「SPS-900」を発表した。ともに3月上旬の発売で、価格はそれぞれ126,000円と42,000円。

 Soavoは、イタリア語で「優美な」という意味の「Soave」と「歌声」を意味する「Voce」を組み合わせた言葉。人の歌声のリアルな再現を目指したハイクラスオーディオとして人気を博してきたシリーズだ。Sovao-2は本シリーズの後継機で、中音域の再現力、豊かな音場感、低音域の表現やスピード感などに重点を置いて開発されている。
 
 デザインは、インダストリアルデザイナー・喜多俊之氏とのコラボレーションで、2ウェイブックシェルフタイプの設計となっている。

 16cm口径のウーハーユニットには、12cm径フェライトマグネットやSBRソリッドゴムサラウンドを採用。振動板には、連続曲面の独自複合カーブコーンを使用した、新開発のピュアオーディオ専用A-PMD(Advanced Polymer Injected Mica Diaphragmの略)ウーハーとなっている。
 
 再生周波数帯域は45Hz-50kHz(-10dB)から100kHz(-30dB)。入力端子はバナナプラグ対応ネジ式。本体サイズは、幅220×高さ380×奥行き353mm、重さは9.7kg。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top