企業内の情報に対するリスクを防御する「Symantec Information Foundation」 | RBB TODAY

企業内の情報に対するリスクを防御する「Symantec Information Foundation」

エンタープライズ モバイルBIZ

 米シマンテックは1月29日(現地時間)、情報セキュリティとアーカイブが統合された最新のソフトスイート「Symantec Information Foundation 2007」を発表した。製品は企業ごとのライセンスとして提供され、価格はユーザーあたりの年間会費制(年間95ドルから)となっている。

 本製品は、電子メールのゲートウェイのセキュリティからアーカイブまで、企業全体に存在するコンテンツを制御するポリシーを一貫して施行するための、共通の枠組みを提供するというもの。これにより、IT担当者はデータ損失やポリシー違反に伴うリスクを能動的に防止するとともに、電子情報の証拠開示(e-ディスカバリ)の要請に迅速かつ高いコスト効果で対応できるとしている。

 スイートは、アンチウイルス、アンチスパム、コンテンツフィルタリング、アーカイブ、リテンション、e-ディスカバリ、ポリシー管理といった、同社の各種技術をベースに構築。これにより、企業内の電子メール、インスタントメッセージング、Web上のコミュニケーション、ポータル、ファイルの共有といった企業のITシステムの情報を総合的に保護できるとしている。また、単一ベンダーによる単一プラットフォームのため、管理やメンテナンスに伴う継続的なコストを削減するとともに、ポリシーに関する共通の枠組みを通じ、効果的なリスク管理を行えるとしている。

 Symantec Information Foundation 2007に採用されている製品は以下の通り。

・Symantec Enterprise Vault
・Symantec Enterprise Vault Discovery Accelerator
・Symantec Enterprise Vault Compliance Accelerator
・Symantec Mail Security 8300 Series
・Symantec IM Manager
・SymantecInformation Foundation Mail Security for Exchange
・Symantec Mail Security for Domino
・Symantec Web Security for Microsoft Internet Security and Acceleration Server(ISA)
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top