ソニー、HDMIケーブルでテレビにつながる円柱型PC「テレビサイドPC」や同型デザインのデジタルチューナー | RBB TODAY

ソニー、HDMIケーブルでテレビにつながる円柱型PC「テレビサイドPC」や同型デザインのデジタルチューナー

IT・デジタル ノートPC

テレビサイドPCのデジタルチューナーセットモデル「VGX-TP1DT」。最上段が外付けのデジタルチューナー「VGF-DT1」
  • テレビサイドPCのデジタルチューナーセットモデル「VGX-TP1DT」。最上段が外付けのデジタルチューナー「VGF-DT1」
  • 筐体はホワイトの円柱型デザインを採用。DVDスーパーマルチドライブ(オープン時)
  • フロントスロットカバーは、右側にスライドさせると開く
  • TP1の背面。背面のカバーは、マグネット式で容易に着脱できる
  • ワイヤレスキーボード
  • リモコン
  • 同社の46型ハイビジョン液晶テレビ「BRAVIA」とHDMIケーブルで接続
 ソニーは16日、家庭用テレビとHDMIケーブルで接続できる、テレビ接続型PC「テレビサイドPC TP1」を近日発売すると発表した。テレビサイドPCは、筐体のデザインが円柱型となっているのも特徴の1つ。ラインアップは、160GバイトHDD搭載モデル「VGX-TP1」と、地上・BS・110度CSデジタルチューナー「VGF-DT1」をセットにした500GバイトHDD搭載モデル「VGX-TP1DT」の2種類を用意する。

 価格はすべてオープン。実売予想価格は、VGX-TP1が13万円前後、VGX-TP1DTが20万円前後。さらに、VAIOオーナーメードモデル「VGX-TP1S」も用意されており、最小構成価格は10万円から。なお、地上・BS・110度CSデジタルチューナー「VGF-DT1」の単品価格は5万円前後の見込み。

 VGX-TP1とVGX-TP1DTの違いは、HDD容量とデジタルチューナーの有無のみで、それ以外のPCスペックは共通だ。プリインストールOSは、Windows Vista Premium。CPUにCore 2 Duo T5500(1.66GHz)を採用し、Intel 945GMチップセットや1Gバイト(512Mバイト×2)メモリ、DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R DL対応)、IEEE802.11b/g無線LANを内蔵する。

 インターフェースは、HDMI出力、USB2.0×4、i.LINK(4ピン)、メモリースティックスロット、SDメモリーカードスロット、アナログTVアンテナ入力、ミニD-Sub15ピン、Ethernet、光デジタル音声出力、ヘッドホン出力、マイク入力、音声/映像入力など。

 本体サイズは幅270×奥行き270×高さ90mm。本製品には、ワイヤレスキーボードやリモコン、HDMI−DVI-D変換アダプターなどを同梱する。

 VGF-DT1は、Ethernet接続対応の地上・BS・110度CSデジタルチューナー。デジタルチューナー非搭載のPCやテレビとEthernetケーブルで接続すれば、デジタルハイビジョン放送の視聴や録画、DVDへのムーブが行える。さらに、HRモード(1,440×1,080ピクセル、12Mbpsに低ビットレート化)で、ハイビジョン画質のまま約2倍の長時間録画も可能だ。本体サイズは幅270×奥行き270×高さ51mm、重さは約1.7kg。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top