ソニー、液晶TVなどの動画用広色域色空間「xvYCC」準拠製品に「x.v.Color」ロゴを掲示 | RBB TODAY

ソニー、液晶TVなどの動画用広色域色空間「xvYCC」準拠製品に「x.v.Color」ロゴを掲示

IT・デジタル テレビ

x.v.Colorロゴ
  • x.v.Colorロゴ
 ソニーは5日、動画用広色域色空間の国際規格「xvYCC」に準拠した液晶テレビなどの製品に、今後は「x.v.Color」の呼称とロゴを付し、より忠実な色を再現するという利点をユーザーにわかりやすく訴えていくと発表した。また同時に、業界の統一呼称として「x.v.Color」を広く提唱、普及を推進していくとしている。なお、同呼称は英国綴りの地域では「x.v.Colour」となる。

 xvYCCは、色再現の従来規格であった「sRGB」の約2倍の色空間を持つ規格で、2006年1月に国際的に制定されたもの。xvYCC規格に準拠した製品では、同じくxvYCCに準拠した映像コンテンツを、自然界に存在する物体色により忠実に再現できるという。

 同社では今後、xvYCC規格に準拠した広色域対応の製品に、「Color=色」をイメージしやすいx.v.Colorの呼称とロゴを付すのに加え、対応機器の製品も拡充させていくという。これにより、撮影・記録から蓄積・編集・伝送、そして再生・表示まで、豊かな色空間の動画を楽しめる環境をつくり、多彩な色再現で高画質映像による感動をさらに高めていくとしている。
《村上幸治》

特集

page top