JPRS、電子メール中の日本語ドメイン名もクリック可能にするガイドライン | RBB TODAY

JPRS、電子メール中の日本語ドメイン名もクリック可能にするガイドライン

ブロードバンド その他

 日本レジストリサービス(JPRS)は27日、電子メールの本文中に記載されている日本語ドメイン名を用いたURLについて、マウスでクリックするなどして簡単にアクセスできるようにするための、開発者向けガイドラインを発表した。

 メールソフトには、メール本文中のURLをコピーしてWebブラウザに貼り付けるなどの作業を行わなくても、URLをクリックするだけでそのWebサイトが開ける機能がある。しかし日本語ドメイン名の場合は、これができない場合がある。

 そのためJPRSでは、メールソフトなどの開発者向けにガイドラインを公開し、日本語ドメイン名への対応を促す。また、対応するメールソフトの一覧も公開するとしている。
《安達崇徳》

特集

page top