NEC、液晶テレビ搭載デスクトップPCの一部で発火の恐れ | RBB TODAY

NEC、液晶テレビ搭載デスクトップPCの一部で発火の恐れ

IT・デジタル ノートPC

 日本電気(NEC)は18日、2003年11月から2004年6月に製造した液晶TV搭載デスクトップPC「VALUESTAR H」および「VALUESTAR G タイプH(Web直販専用モデル)」において、電源ユニットに使用している一部の部品が不良により発熱し、発煙・発火に至る可能性があることが判明したと公表した。

 今回の件での対象機器は、上記期間に製造された製品のうち、型番が「PC-VH3007A」および「PC-VG11NWZEF」のもの全台(合計出荷台数:14,600台)。対象となる製品では、2005年10月中旬および2006年11月中旬に1件ずつ発火事故が発生しているが、幸いにもPC本体の一部が損傷しただけで、ユーザーの人体ならびに建物への被害はなかったという。

 同社では、対象製品の電源ユニットに使用している一部のコイルが材質不良により高温になる場合があり、その熱を受けた一部のコンデンサが徐々に劣化していくのが直接の原因だとしている。また、この状態のまま使用を続けた場合、コンデンサが異常発熱し、発煙・発火に至る可能性があるという。

 これに伴い、同社は安全確保のため対象製品を預かり、電源ユニット交換を無償で実施するとしている。また、同社ホームページの「重要なお知らせ」や12月19日の新聞紙面に掲載する告知広告により、部品(電源ユニット)交換が完了するまで対象製品の使用を中止し、専用問い合わせ窓口まで連絡するようにユーザーに呼びかけていくとしている。

 なお、フリーダイヤルの専用窓口は18日から開設されており、ユーザーからの部品(電源ユニット)交換に関する相談および製品預かりの受付を行っている。

 専用窓口は以下のとおり。

●電話
・VALUESTAR H お客様相談センター:0120-891-218(フリーダイヤル)
 ※携帯電話、PHSからも利用可能
 受付時間:平日9:00〜17:00、土・日・祝日9:00〜17:00(但し、2007年2月4日まで)

●Webサイト
 http://121ware.com/navigate/support/vsh/
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top