アイピーモバイル、TD-CDMAの拡張技術で最大30Mbpsの実験 | RBB TODAY

アイピーモバイル、TD-CDMAの拡張技術で最大30Mbpsの実験

 アイピーモバイルは13日、高速無線通信の技術である「TD-CDMA」を拡張した「TD-CDMA E-R7」を採用したフィールドテストを実施すると発表した。米IPWireless社と共同で行い、理論値で最大42.4Mbps、設備環境下では30Mbpsの通信が可能だとしている。

ブロードバンド その他
 アイピーモバイルは13日、高速無線通信の技術である「TD-CDMA」を拡張した「TD-CDMA E-R7」を採用したフィールドテストを実施すると発表した。米IPWireless社と共同で行い、理論値で最大42.4Mbps、設備環境下では30Mbpsの通信が可能だとしている。

 また、フィールドテストを実施するために必要な免許は、8日に総務省から受領したとしている。

 実験では、都内に設置する基地局の周辺で、電波伝搬特性やデータ通信の速度などを検証する。さらに、ハイビジョン品質のストリーミング動画を送受信するテストも実施される。

 なお同社では、TD-CDMAを用いた最大11Mbpsの商用サービスを2007年春から開始する予定。TD-CDMA E-R7の実験は、将来的な高速化につなげるものと見られる。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top