ターボリナックス、接続したPCでLinux環境を利用できる携帯マルチメディアプレーヤー「wizpy」 | RBB TODAY

ターボリナックス、接続したPCでLinux環境を利用できる携帯マルチメディアプレーヤー「wizpy」

IT・デジタル その他

wizpy
  • wizpy
 ターボリナックスは21日、携帯マルチメディアプレーヤー「wizpy」(ウイズピー)を2007年2月に発売すると発表した。最大の特徴は、本製品と接続したPCでLinux環境を利用できること。価格は未発表。

 wizpyのネーミングは「with P」から来ているといい、「Privacy」「Portability」「PC」「Player」という4つのPをいつも手許に届ける、「with PC」や「with Privacy」という意味が込められている。

 wizpyは、PCに接続してwizpyを起動するだけで、Linux環境を利用できるのに加え、メールや画像、音楽などいろいろなデータを保存して持ち歩けるという製品。また、1.71型カラーOLEDディスプレイを搭載しており、単体でも動画や静止画も表示可能なマルチメディアプレーヤーとして利用できる。

 さらに同社では、wizpy自身の保存容量の限界を補うため、wizpy利用者に対してネット上でデータ領域を貸し出すネットディスクサービス(初年度は利用料不要)や、wizpyユーザー同士のIP通信やSNSなどといったサービスも提供していくとしている。

 本体サイズは幅42×高さ84×厚さ12mm、重さは約60g。

 wizpyに搭載されるメディアプレーヤー機能は以下のとおり。
・音楽再生:OGG、MP3、AACファイルを再生可能
・音声録音:内蔵マイクを利用してMP3ファイルとして録音可能
・FMラジオ:FMラジオの聴取が可能
・静止画表示:JPEGファイルを表示可能、プレビュー機能搭載
・動画再生:DivXファイルを再生可能
・テキスト表示:テキストビューアー機能搭載
《村上幸治》

特集

page top