ソニー、日本の木工職人が加工したハイエンド3ウェイ4スピーカーシステム「SS-AR1」 | RBB TODAY

ソニー、日本の木工職人が加工したハイエンド3ウェイ4スピーカーシステム「SS-AR1」

IT・デジタル その他

SS-AR1
  • SS-AR1
 ソニーは、北海道の楓材などの厳選した素材を高度な技術を持つ日本の木工職人が加工した筐体と、独自の高音質回路などを組み合わせることで、ゆったりと上質な音楽を楽しめる最高クラスの3ウェイ4スピーカーシステム「SS-AR1」12月21日に発売する。価格は1台当たり892,500円。

 SS-AR1は、筐体前面部に厚さ50mmの北海道産の楓材、側面部に曲げ板加工を施したフィンランド産の樺材を使用し、筐体の高剛性を確保したハイエンドスピーカー。これにより、音の響きを微細に渡るまで制御し、情緒豊かでリアリティある音質を実現できたとしている。

 また、筐体を形成する木材を充分に生かすために、加工・組立・仕上げに至るまでのすべてを日本国内で実施。日本の高度な技術を持つ木工職人により、手作業で丁寧に加工することで実現する、精密な筐体こそが高音質実現の要となっているという。

 さらに、スピーカーユニットでは、トゥイーター/ミッドレンジ/ウーハーそれぞれを新規開発。クリアで伸びやかな高域、艶のある中域、立ち上がりがよく豊かな低域で音楽を再生できるという。

 SS-AR1の主な仕様は以下のとおり。

●3ウェイ4スピーカーシステム「SS-AR1」
・形式:バスレフ型3ウェイ4スピーカーシステム
・使用ユニット
  −トゥイーター:25mmソフトドーム型×1
  −ミッドレンジ:130mmスライスペーパーコーン型×1
  −ウーハー:200mmアルミコーン型×2
・再生周波数帯域:28〜60,000Hz
・クロスオーバー周波数:400Hz、4,000Hz(マルチスロープネットワーク)
・出力音圧レベル:88dB(2.83V/m)
・インピーダンス:4Ω
・最大入力:200W
・本体サイズ・重さ:幅320×高さ1,080×奥行き490mm、約57kg
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top