日立、「vProテクノロジー」に対応した統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」 | RBB TODAY

日立、「vProテクノロジー」に対応した統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」

エンタープライズ モバイルBIZ

 日立製作所は11日、ビジネスPC向けの新プラットフォーム・ブランド「インテル vProテクノロジー」に対応した、統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」を12日から販売すると発表した。標準価格は178,500円で、12月28日から出荷される。

 JP1は、ソフトウェア配布、IT資産情報の管理、クライアント操作ログの一元的把握、およびクライアントのリモート操作を行うソフトウェア製品。vProテクノロジーの特徴の1つである、リモートからのPC管理技術「アクティブ・マネージメント・テクノロジー(AMT)」に対応している。これにより同社では、電源やOSの状態に影響されないPC資産のリモート管理が可能となり、さらなるTCO削減やセキュリティレベルの向上が図れる、としている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top