松下、テレビ向けインターネット情報サービス「Tナビ」を2007年2月開始の「アクトビラ」に統合 | RBB TODAY

松下、テレビ向けインターネット情報サービス「Tナビ」を2007年2月開始の「アクトビラ」に統合

IT・デジタル テレビ

 松下電器産業は2日、同社が2003年5月から運営しているデジタルテレビ向けインターネットサービス「Tナビ」を「アクトビラ」に統合すると発表した。

 アクトビラは、テレビポータルサービスが2007年2月1日からオープンする予定のデジタルテレビ向けテレビポータルで、いつでも誰でも安心・安全、簡単・便利に利用できる幅広い生活関連サービスとビデオ・オン・デマンド(VOD)などの映像配信サービスを提供することを目指している。

 テレビポータルサービスは、2006年7月にシャープ、ソニー、ソネットエンタテインメント、東芝、日立製作所、松下電器の6社が協同でブロードバンド接続機能を持つデジタルテレビ向けのテレビポータルサービスを提供する事業会社として設立した。

 2月1日以降は「Tナビ」対応機器のリモコンの「Tナビ」ボタンを押すと自動的に「アクトビラ」が利用できるようになる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top